上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

避妊手術後の、手術跡が気になっていじくってしまうぴい。
傷口保護のため、犬用の腹巻をしたのですが、間もなく無理やり脱ぐようになってしまいました。

エリザベスカラーをした猫・その1
代わりにこんどは、術後服の代わりということで、犬用の服を着せてみました。
意外と似合って可愛い???

エリザベスカラーをした猫・その2
けれども服というのは猫にとってはなかなか苦痛のようなのです。
底に穴の開いた猫ベッドをひっくり返して潜り込み、穴から顔を出して不快感に耐えているようです。
可哀想なぴい。。。

エリザベスカラーをした猫・その3
やむを得ず再度獣医さんに相談に行ったら、「あんまりお勧めできないが(猫にとってはやはり苦痛なので)」との断りつきで、エリザベスカラーを用意していただきました。
猫の傷口いじくり防止の定番の用具です。
猫によってはこれを着けることで、一気に元気がなくなり、食事もできず衰弱してしまうとも言うのですが、果たしてぴいはどうなのか??

エリザベスカラーをした猫・その4
ところが幸いなことに心配に反して、ぴいはあんまりエリザベスカラーを嫌がりませんでした!
これで普通に食事もするし、横たわって寝たりもするし、キャットタワーも平気で登ります。
ということで傷口の回復は順調!
あと3~4日も我慢すれば、抜糸してカラーも外せることになりそうです。
スポンサーサイト

FC2blog テーマ:うさぎと猫 - ジャンル:ペット

【2011/12/15 09:22】 | うさぎとねこ
トラックバック(0) |

永遠の乙女
kinkacho
きもとさん、こんにちは。
ぴいちゃんも永遠の乙女になってしまいましたね。
予後が良いことをお祈りします。
キャットタワーの写真、お姉さんは美人、妹はかわいいタイプという写真ですね。

猫は平気!
きもと
kinkachoさん、こんにちは。
そんな手術をされて可哀想…とも思うのですが、ぴいはぜんぜん気にすることもなく、全く平気なようです。
無事にエリザベスカラーもとれて、ますます元気になって、家の中をびょんびょん飛び回っています。
猫って凄いです。

コメントを閉じる▲
今年の5月に引き取ってきた時は、手のひらサイズだった我が家で2匹目の猫・ぴいも、体重3kgに達する大猫になりました。
先日の予防接種の際、獣医さんの勧めで最初の発情期前に避妊手術をしてしまおうということになり、先日処置していただきました。

犬の腹巻をしたぴい。
ところが…ぴいは手術跡が気になるみたいで、縫合糸を自分で引きぬいてしまうのです…。
獣医さんに連れていったところ、中でしっかり縫合しているので、外側は多少傷口が開いても大丈夫とのことだったのですが…痛くないのかな??
ということで暫定的に、ペットショップで購入した犬の腹巻を身につけているぴい。
現在、ちゃんとした術後服も準備中ですが、これはこれでぴいは気に入ってる?みたいです。。

FC2blog テーマ:うさぎと猫 - ジャンル:ペット

【2011/12/11 11:31】 | うさぎとねこ
トラックバック(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。